SUBSCRIBE
OUR STORE

Address: 堺市 南区 釜室704-6

〒 590-0122

Phone: 072-295-3987

Email:  info@hanabana.com

Wednesday: 10am - 16pm
​​​Sunday: 10am - 16pm

​第4水曜日は近鉄サロンにて講習

​お店はお休みとなります

OPENING HOURS
HELP

copyright © 2000-2018Garden Shop Hana+Hana All right reserved

庭園管理 庭のお手入れ

​歴史から学んだ知識と、30年を越す経験で最高の施術をいたします。

植物の成長のお話

通常1,2月の活動はきわめて小さい。
3月菜種梅雨ごろ、根が活動し始め、上へ上へと水を上げて行きます。昆虫が活動できる気温に達すると開花が始まります。
5月になるとより太陽を得るために競い合うように成長してゆきます。
6月を過ぎるとあるものは繁殖の準備に入ります。来年、花を咲かせるための芽を作ります。
9月を過ぎると、過酷な冬をすごすために栄養を蓄えようと最後の成長を遂げます。
あるものは芽に充分の栄養を蓄えます。あるものは蓄えた後に葉を落とします。
その頃から植物の多くは休眠期に入り活動はきわめて小さくなります。

 

日本は菜種梅雨、梅雨、秋雨前線と植物の重要期に雨季があります。
すごいと思いませんか!

植木の剪定

剪定の後葉先が茶色く変色します。

その葉先が緑になることはありません。

新しい葉が切り口を隠してくれるまで、見苦しい姿ですごします。

萌芽力のある時期に剪定しなければ、長い間見苦しい姿を見せることになります。

ですから、剪定の時期は新芽が出やすい時期 4,5月 or 月 頃です。


花を咲かせる

花を咲かせるには、正しい成分の肥料を与えること。

そして、最適な時期に剪定することです。

花が咲いて2週間後程度から、次の花の準備に入ります。

準備が終わってから剪定すると、花は咲きません。

閉花後すぐが最善ですが、2,3,4月の花木は4,5月 5,6月の花木は7,8月が適期です。


年間管理での剪定

上記から、

年一回の剪定ならば、9月

年二回の剪定ならば、6~8月 と 10~12月

年三回ならば 4月 と 6~8月 と 10~12月 です。

はなはな

では、お庭の手入れは、年間管理をお勧めしております。

必須            1月~3月    施肥
必須(選択) 4月~6月    殺虫(アブラムシ類)
必須            6月~7月    夏季剪定(花を咲かせるため)
必須(選択) 6月~8月    殺虫(毛虫類)
              9月~10月中  秋期剪定
必須 10月中~12月           冬季剪定 
上記の年間管理の契約での、お得な価格設定いたしております。
殺虫はどちらもお勧めしますが、どちらかを選択していただいても問題ありません。キャンセルされるとキャンセル以降の作業がすべてキャンセルとなります。
9月より翌年の年間管理の受付を開始します。
9月以降は年間管理以外のご注文はお受けできません。

肥料の話


植物の成長は最初に根を伸ばします。根を伸ばすにはリン酸(P)が必要です。

花や実付きをよくするためにもリン酸(P)が必要です。
弊社では、リン酸値が高い肥料を使用しております。
温暖化の現代では、害虫や細菌の被害は避けられません。それらに負けない丈夫な木に育ててください。

1月から3月中頃の休眠期に寒肥を施します。根を切って新しい根を作る意味もあります。

夏剪定後花木に化成肥料と堆肥を施します。(剪定代+2000~3000円)
 

庭園管理 主な取引先

㈱朝日プリンテック(旧 朝日新聞)

ニュー泉北マンション  泉ヶ丘コーポラス

民間邸宅多数

0